shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月09日

教員採用試験 専門科目(小学校)対策法について

こんにちは。
教員採用試験の予備校=東京アカデミーの教員採用担当です。

前回、10/2付ブログ記事「教員採用試験 専門科目対策について」にて取り上げました通り、専門科目対策においては、【教科指導力】や【教科の知識を問う問題】が多く出題されます。

そこで今回から東京アカデミー関東地区にて各専門科目対策の短期講習として開講している科目について、毎週皆様に対策法や開講する講座をご紹介したいと思います。

第1回目は受験生が多い、「小学校」についてです。津田沼校では、「千葉県・千葉市」対応として開講します。


@千葉県・千葉市 小学校の問題の特徴について
千葉県・千葉市の小学校では、「国語・数学・理科・社会・外国語(活動)」の5科型という点が大きな特徴である。他の自治体と違い、全教科ではないため、その分5教科の勉強に比重を置くことができます。一方で気を付けなくてはならないのが、各科目とも主要教科であるため、満遍なく各科目とも点数を確保する必要があるという点です。
各科目の点数としては、100点満点のうち、各科目とも22点ずつ、外国語(活動)は、12点。(2016年までは外国語(活動)は計8点という内訳だったが、2017年以降は12点と若干点数の割合が高くなっている。)
これは、新学習指導要領で、小学校3・4年生で「外国語活動」、小学校5・6年生で「外国語」の実施が謳われており、外国語(活動)の力が小学校でも求められていることが考えられます。

こうした状況を踏まえると、小学校志望者は出題5教科のうち、苦手分野に早めに手をつけるべきです。これは、教養試験にも言える事ですが、どこかの分野のみが極端に点数を取れていないことになると、減点評価の対象になりやすくなります。得意分野を伸ばすことも大切ですが、必須命題は苦手分野の克服であることは間違いありません。

A小学校科目の対策法
筆記試験では、小学校で指導する教科を中心に出題されます。難易度については、小学校高学年〜中学レベルを中心として、数学や理科においては高校レベルの出題がみられる場合もあるため、前述の通り苦手分野をなるべくなくして試験に臨んでいく必要があります。

また、ご存知の通り、小学校においては2017年3月に新学習指導要領が告示されており、既にこの内容で出題もされています。特に新学習指導要領においては、各科目や学年の「目標」や「内容」「指導計画の作成と内容の取扱い」からも頻出であることから、キーワードを中心として、確実に内容を把握することが必要です。

なお、千葉県・千葉市の試験においては、二次試験において、「模擬授業」が課されています。
「模擬授業」の内容はその年によって変化しますが、いずれにせよ学習指導要領を熟読し、いろいろな単元や項目に対して用意しておくことが望ましいかと思います。また2019年試験においては、東京アカデミー受講生からの聞き取りによりますが、「新学習指導要領を踏まえて、主体的・対話的で深い学びの実現」を意識した授業をすること」という指定が入っていることや、実施が6分という短い時間で行われるため、内容よりも児童生徒の目線にたった授業をしているかといったことが重要になるかと思われます。


B東京アカデミーでの講座内容
このように様々対策を行わないと最終合格をつかむことが出来ない、専門科目対策について東京アカデミー津田沼校では、千葉県・千葉市に特化した小学校5科対策を開講します!


他自治体と異なり、出題が5 教科と科目が少ないことから、1 科目ごとの比重が高い傾向にあります。特に苦手な方が多い、「算数」や「理科」については、例題を挙げながら解き方、知識を確認してまいります。また覚える事項や範囲が広い「社会」については、時間をかけて学習していきます。講座の中では、学習指導要領の理解と共に、5科の各講義内で主体的・対話的で深い学びについての様々な指導例を提示と実践も行います。



「一般選考対策コース」「特例受験対策コース」「人物試験対策コース」との併用受講がオススメです。
もちろん、専門科目対策[短期講習]のみの受講も可能です。

詳しくは、コチラをご覧ください!


なお、東京アカデミーでは、教員採用試験対策通学講座10月生(一般選考対策)を好評受付中です!東京アカデミーで頑張ってみませんか?


posted by 東京アカデミー津田沼校 at 10:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

教員採用試験の専門科目対策

こんにちは。
教員採用試験の予備校=東京アカデミー津田沼校の教員採用担当です。

採用後の指導教科だからこそ<教科指導力>が問われる専門科目。

中央教育審議会2015年12月21日答申では「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」で
教員としての不易の資質能力に「教科や教職に関する専門的知識」「実践的指導力」を挙げています。

ほかに4つ上がっていますが、答えられますか?わからなかったら上記答申を読んでみましょう。

また、この答申では、これからの時代の教員に求められる資質能力として、
○ 自律的に学ぶ姿勢を持ち、時代の変化や自らのキャリアステージに応じて求められる資質能力を生涯にわたって高めていくことのできる力や、情報を適切に収集し、選択し、活用する能力や知識を有機的に結びつけ構造化する力などが必要である。
○ アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善、道徳教育の充実、小学校における外国語教育の早期化・教科化、ICTの活用、発達障害を含む特別な支援を必要とする児童生徒等への対応などの新たな課題に対応できる力を高めることが必要である。

と述べています。もう一つありますが、それは文科省の上記サイトへGo!
(この答申は教員採用試験の合格を目指すうえで、非常に重要な答申)。

当たり前のお話しですが、受験生に専門教科の指導力があるのかについて、各教育委員会も合否の非常に大きな判断要素にしています。
ところが、意外と専門科目を苦手にする方が多いように思います。専門外の分野まで問われることがありますので
(化学を専門に大学で学んでも生物が弱かったり、小学校志望者は算数理科が苦手な方が多いなど・・・)、受験生も専門試験の対策に苦労しているのが現状です。


さて、専門試験の出題は、以下の2つに大別されます。
@教科の知識に関する問題、
A教科指導法・学習指導要領(解説)に関する問題

教科の知識に関する問題は、
小学校では、小学校から高校までに学習した各科目について基本事項を中心に整理することが必要です。
中学校・高等学校等では中学から大学までに学習した専門教科についてかなり詳細な内容まで復習する必要があります。

学習指導要領・教科指導法についても出題されることが多いため、頻出分野・事項を中心に効率的な学習が必要となります。
その際、学習指導要領解説まで読み込んで万全の対策を取ることが大事です。そこで専門科目の対策・戦略が重要になってきます。

東京アカデミーでは、専門科目の対策を
1.実力派講師による生講義で
2.試験問題の分析の上に作成された教材「オープンセサミシリーズ」を使用することで効率的かつ効果的にマスターできる講座を設けています!
さらに、3.通いやすくするために土曜日の夕方以降に講義日時を設定!
4.新潟校も含めると18コースご用意!


「一般選考対策コース」「特例受験対策コース」「人物試験対策コース」との併用受講がオススメです。もちろん、専門科目対策[短期講習]のみの受講も可能です。

詳しくは、コチラをご覧ください!


なお、東京アカデミーでは、教員採用試験対策通学講座10月生(一般選考対策)を好評受付中です!東京アカデミーで頑張ってみませんか?
posted by 東京アカデミー津田沼校 at 10:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

【教員採用】教育委員会説明会のお申し込みは、本日9月30日(月)17時から!

こんにちは。
教員採用試験の予備校=東京アカデミー津田沼校の教員採用担当です。

先日からお伝えしていますとおり、東京アカデミーでは、

<教育委員会説明会>を実施いたします


東京アカデミー関東地区では、毎年、教育委員会のご担当者様をお招きして、各自治体の特長・特色や求める教師像、教員採用試験の状況についてお話しいただいております。

教員採用試験の志望動機は、なぜ教員を目指すのか?なぜその校種なのか?なぜ教科なのか?なぜその自治体なのか?の四段階に分かれますが、<なぜその自治体なのか?>の回答作成が一番大変だと思います。

「地元だから・・・」「地元に恩返ししたいから」
そんな安易な理由では他の受験生の中に埋没してしまいます。

受験生「研修制度が充実しており・・・」
面接官「では、●●県では、どのような研修制度があるか、ご存知ですか?」
受験生「・・・。」

というパターンも受験の現場で多々見られる光景です。

それでは、どのように回答を作ればよいのでしょうか?
そのヒントを得られる場が、教育委員会説明会です

各自治体で求める教師像、教育施策としてどのようなことを行っているのか、教員が安心して働ける場=充実した教育を行える場にするためにどのようなことを行っているのかなど、志望動機に盛り込めるネタをたくさん貰うことができます。

また、当日は、特別イベントとして、
「2020年夏試験に向けた面接試験対策ガイダンスも開催し、東京アカデミーのベテラン講師が担当いたします。

前回の9月実施のイベント『傾向分析会』では主に筆記試験(教養試験)をメインに説明しました。
今回の特別イベントは、教員採用試験の天王山<面接試験>対策のガイダンスになります。


◆2019年11月10日(日)横浜会場(東京アカデミー横浜校)◆
参加自治体;神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市
特別イベント;2020年夏試験に向けた面接試験対策ガイダンス(神奈川エリア編)

◆2019年11月10日(日)大宮会場(東京アカデミー大宮校)◆
参加自治体;埼玉県・さいたま市
特別イベント;2020年夏試験に向けた面接試験対策ガイダンス(埼玉エリア編)

◆2019年11月14日(木)池袋会場(東京アカデミー池袋校)◆
参加自治体;東京都
特別イベント;2020年夏試験に向けた面接試験対策ガイダンス(東京都編)

◆2019年11月17日(日)津田沼会場(東京アカデミー津田沼校)◆
参加自治体;千葉県
特別イベント;2020年夏試験に向けた面接試験対策ガイダンス(千葉県編)


ご参加は無料、事前予約制となり、ご予約は
本日2019年9月30日(月)の17:00からになります。


詳しくはコチラをご覧ください!



<その他のご案内>
現在、通学講座10月生好評受付中です
2020年夏実施の教員採用試験に向けた一般選考試験の対策講座です。
10月生は基礎定着講座の最初から生講義が受講できます
受験はスタートダッシュが大事です。

コチラから、通学を考えている校舎名をクリックして、通学講座の内容をチェックしてみてください!
posted by 東京アカデミー津田沼校 at 10:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。