shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年02月20日

【2018 官庁・自治体説明会】ご来場、ありがとうございました!

官庁実施後ブログ用写真.jpg

2/17(土)に新宿エルタワーにて「官庁・自治体説明会」を実施させていただきました。今年は1,561名もの方々にご参加いただきました!
ご来場いただいた皆様、ご参加いただいた各官庁・自治体のご担当者様、誠にありがとうございました。

各ブースでの説明会を始め、受験相談や合格者相談会にもたくさんご参加いただき、会場は常に熱気で溢れていました。ご参加いただいた皆様が、今後の試験対策に弾みをつけていただけたら幸いです。
これからもより多くの皆様がより満足していただけるよう、私たちも精一杯取り組んで参ります!

今後も、東京アカデミー各校では随時個別相談を実施して参ります。お悩みの際は、どうぞお気軽にお越しください。

東京アカデミー津田沼校 047-493-8370
posted by 東京アカデミー津田沼校 at 14:39| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

受験対策「DVD・WEBだけなんてありえない!」

“塾や予備校に入会して勉強する”といえば、昔は、“生講義”が当たり前でした。通信講座なら、赤ペン先生ですね。
やがて、DVDだけの通学講座が出来たり、インターネット動画だけの通学講座が出来たり。もうそれは実質的に通信講座ですが、学費は通学講座並みだったりすることもあります。

ちなみに、東京アカデミーの通信講座は、昔懐かしの赤ペン先生スタイルです(だから、安価)。動画講義は付きません。それよりは、各校舎で行う短期講習や通学講座との併用をオススメしています。

ネット動画の講義もパソコン中心の時代から、スマホ・タブレットの時代へと移りつつあります。
スマホ・タブレット動画の講義には、いつでも、どこでも、何回でも見られるという利便性があります。
国語、英語、算数・数学、理科、社会等、小〜中・高生向けの単元ごとに購入できる安価な動画講義が人気です。その社会的意義(=予備校や塾に行く費用がない世帯でも一流講師の講義が受けられる)は、理解できます。

でも
東京アカデミーは、資格取得系の学校によくあるような、100%動画だけで数十時間のもの講義を提供する通学講座や通信講座は、絶対にやりません

前述の小〜中・高生向けの動画講義も、並行して学校で学習しているからこそ、意味があると思います。

現状の動画講義の欠点は、どうしても学習者の姿勢が受け身になりがちなことです。メールやチャットなどで質問できる場合もあるでしょうが、レスポンスの速さは対面式の方が圧倒的に上でしょう。

動画講義は、補助的な学習手段としては良いと思います。しかし、100%それだけで学習はありえません。授業は全て動画などという大学、高校、中学校、小学校が存在しますか?

・・・いや、確かに最近は、ネット高校、ネット大学も存在します。

でも、N高等学校(仮想空間でアバター遠足って面白そうです)は、様々な事情や理由で既存の高校には通わない・通えない・通いたくない方等に良いと思います(ちなみに、通学コースもありますね)。また、プログラミング教育などにも特色があるようです。

アバターで通学する「サイバー学習国(明聖高校WEBコース)」もありますね(こちらも普通の通学コースあり)。

サイバー大学は、主にITスキル養成系です。4月から開校する東京通信大学はIT系と福祉系です(社会福祉士・精神保健福祉士の資格取得を希望する場合は、国の制度上、スクーリングが必要です)。

やはり、ネット系の高校・大学はIT人材の育成教育とは親和性が高いようです。

それはともかく、皆さんが講義の途中で「?」という表情をしたとき、画面の向こうの講師は気が付いてくれるでしょうか(生配信、かつ受講生の表情が講師に見える双方向システムならともかく)?そして、説明の方法・レベル・詳しさを変えながら、もう一度解説してくれるでしょうか?

動画の講師は、講義の後、すぐ質問・相談を受けて、つまずきを防止してくれるでしょうか?

動画の講師は「昨日ニュースで〜」とか「先週▲▲省から公表された資料で〜」などと、試験対策で必要な時事を随時取り込みながら講義をしてくれるでしょうか?

講師や他の受講生、予備校のスタッフ等、様々な年齢や社会的背景の人々と言葉を交わすコミュケーションも、公務員、教員、看護師等、“人”を相手に仕事をすることを目指す方にとっては重要です
様々な社会的課題について、同じ道を目指す人達(だけでなくても、もちろん良い、なお良いです)と意見交換して、多様な考え方に触れたり、自分の考えを多面的に検証したり、解決策を自分なりに考察することも大切です

公務員試験も、教員採用試験も、看護学校入試も、試験にパスできる人、テストで良い点を取る人だけを求めているわけではないからです(勉強できない、知識もない、では困りますが)。

先日とある講座の案内を見かけて、「安い!」と思ってよくよく見てみたら、中身は動画講義だけだったので、止めておきました(でも、少しだけ無料スクーリングがあったりします。動画だけで学習効果が高いなら必要ないと思いますが)。

“動画講義も、補助的な学習手段としては良いと思います。”と先に書きました。しかし、「欠席しても動画があるから、いいや」と安易な方向に流れてしまう危険性も孕んでいます。

既に済んでしまった講義・学習内容に追いつくために動画を利用するという手段もありますが、全部動画で見るより(その量にもよりますが)、テキストをどんどん読んで、分らない箇所は講師に質問する方がかえって速いかもしれません。

そんなわけで、東京アカデミーの通学講座は今日も明日も生講義しかありません。だから、いつでも入会可能です、といった仕組みもありません。

東京アカデミーの講座に興味・関心が少しでもある方は、マメにホームページをチェックして、その機会を逃さないようにしてくださいね

余談ですが、いつかはVRで自宅にいながら仮想の学校に通学して、仮想の教室に集合して、先生や他の生徒とリアルタイムで一緒に授業を受けたり、会話したりできる時代が来るんでしょうね。それは、個人的に興味あります(笑)。

東京アカデミー津田沼校 047-493-8370
posted by 東京アカデミー津田沼校 at 10:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする